活字中毒?

西 加奈子『しずく』『窓の魚』の2冊、 西川美和『ゆれる』 青山 七恵『やさしいため息』の4冊を借りてきたが

2百頁前後の短い小説だったもので一週間で全部読んでしまった。

西加奈子は好きな作家だったけど『窓の魚』は何が書きたかったのかさっぱり分からない。最後まで読めばわかるかと思ったけど

最期までつまらなかった。

予約している本が5冊

『紅茶を注文する方法』土屋賢二   『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎  この二冊は

愛聴しているNHKFM トーキング松尾堂で昨日紹介されていたもの

『二千七百の夏と冬(上・下)』 荻原浩  『おばちゃんたちのいるところ』松田青子(予約はあと15番目) は新聞で紹介されていたもの

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸 (予約はあと71番目)

手にするのが非常に楽しみです。

[PR]
by nemunokaze | 2017-06-19 18:06 | 読書のことなど | Comments(0)
<< 壮大なラブストーリー 静かな一日のはず >>